Windows

Windows10

Windows10では完全シャットダウンをおすすめします。~パソコンを快適に使う方法

「通常シャットダウン」と「完全シャットダウン」

Windows10では「通常シャットダウン」と「完全シャットダウン」のモードが存在します。
デフォルトの設定は「通常シャットダウン」となっています。

通常シャットダウンとは

通常シャットダウン時は「高速スタートアップ」の機能が有効になっています。

高速スタートアップについて

パソコンの起動を速くするため、シャットダウン時にメモリやCPUなどの状態を保存しておく機能です。

 

メリット

  1. パソコンの起動時間が若干早い

デメリット

  1. パソコンシャットダウン時に若干時間が掛かる。
  2. パソコン起動時にF2キーをなどを押し、BIOSの設定画面を開くことが出来なくなる。
  3. Windows Updateの更新プログラムがうまく適用されないことがある。
  4. USB機器(USBメモリなど)が、認識されなかったり不具合が起きる場合がある。特にUSB機器が1.1などの古い規格で起こりやすい。
  5. インターネットが突然繋がらなくなることがある。
  6. 1台の記憶装置(HDDやSSDなど)を共有して、複数のPCで使用している場合は、データが消えてしまったり、片方のパソコンが認識しなかったりする場合がある。

ココがポイント

Windowsを高速で起動できますが、規格の古い周辺機器が認識されなかったり、BIOSなどの設定変更を行ったあとにパソコンが正常に起動しなかったりする場合があります。

 

完全シャットダウンとは

キーボードの「Shift」キーを、押しながら「シャットダウン」をクリックすると、完全シャットダウンとなります。

完全シャットダウンについて

次回パソコンが正常に起動するようにメモリの情報をハードディスクに書き込んでからシャットダウンと電源OFFを行います。

 

メリット

  1. パソコンの不具合が起こりにくい。

デメリット

  1. パソコンの起動時間が若干遅い

ココがポイント

パソコンの調子が悪くなったら、まず完全シャットダウンを試すと良いでしょう。

 

常時完全シャットダウンにする方法

以下の手順で通常のシャットダウンを完全シャットダウンに変更することができます。

step
1
「Windows」ボタンを右クリックしてシステムを選択します。

完全シャットダウン

 

step
2
「Windowsの設定画面」で「システム」をクリックします。

完全シャットダウン

 

step
3
「電源とスリープ」をクリックします。

完全シャットダウン

 

step
4
「電源の追加設定」をクリックします。

完全シャットダウン

 

step
5
「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。

完全シャットダウン

 

step
6
「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。

完全シャットダウン

 

step
7
「高速スタートアップを有効にする」のチェックをOFFにして「変更の保存」ボタンをクリックします。

 

完全シャットダウン

以上で設定は完了です。

 

おすすめサイトをご紹介

  • この記事を書いた人

山本

はじめまして。「山本まこと」と申します。フリーランスでシステムエンジニアを現役でさせて頂いています。業務内容はシステム設計、プログラム作成等何でさせて頂いています。 特にサーバ構築、業務端末(パソコン)の構築の仕事を多くさせて頂いています。サーバ構築はOSが24時間止まらず高パフォーマンスで動作する用に設定したり セキュリティ対策(脆弱性)を実施することやデータベースの構築も実施します。業務端末(パソコン)の構築は業務アプリケーションが快適に動作するようOSの設定を実施します。パソコンは日進月歩で性能はどんどん向上しています。 またマイクロソフトのOSもWinows7からWindows10へ移行する段階を迎えています。Windows10においては、使い勝手はとても良くなっていますが、自動化が進み、一度不調になってしまうと設定変更での修復するにはコツが必要です。 また、マシンスペックについてもある程度のものが要求されます。このホームページでは、皆さんがパソコンを快適に使っていただけるようにお役に立てたらと思い、記事を書かせて頂いています。

-Windows10
-, , ,

Copyright© 幸せになれるPCライフ , 2020 All Rights Reserved.