Windows10

32bitソフトの64bit環境での動作

32ビットアプリケーションの実行

WOW64は、32ビットWindowsベースのアプリケーションを64ビットWindowsでシームレスに実行できるx86エミュレーターです。これにより、32ビット(x86)Windowsアプリケーションを64ビット(x64)Windowsでシームレスに実行できます。また、32ビット(x86)および32ビット(ARM)Windowsアプリケーションを64ビット( ARM64)Windows。 WOW64実装の詳細

システムは、32ビットアプリケーションを64ビットアプリケーションから分離します。これには、ファイルとレジストリの衝突の防止が含まれます。コンソール、GUI、およびサービスアプリケーションがサポートされています。システムは、カットアンドペーストやCOMなどのシナリオで32/64境界を越えた相互運用性を提供します。ただし、32ビットプロセスは実行用に64ビットDLLをロードできず、64ビットプロセスは実行用に32ビットDLLをロードできません。この制限は、データファイルまたはイメージリソースファイルとしてロードされたDLLには適用されません。詳細については、LoadLibraryExを参照してください。

32ビットアプリケーションは、IsWow64Process関数を呼び出すことにより、WOW64で実行されているかどうかを検出できます(Windows 10を対象とする場合はIsWow64Process2を使用します)。アプリケーションは、GetNativeSystemInfo関数を使用して、プロセッサに関する追加情報を取得できます。

64ビットWindowsは、16ビットWindowsベースのアプリケーションの実行をサポートしていないことに注意してください。主な理由は、64ビットWindowsではハンドルの有効ビットが32ビットであるためです。したがって、データを失うことなく、ハンドルを切り捨てて16ビットアプリケーションに渡すことはできません。 16ビットアプリケーションを起動しようとすると、エラーERROR_BAD_EXE_FORMATで失敗します。

参考記事:Running 32-bit Applications

WOW64でのパフォーマンスとメモリ消費
WOW64実装の詳細
レジストリリダイレクター
ファイルシステムリダイレクタ
WOW64でのメモリ管理
プロセッサアフィニティ
プロセス間通信
アプリケーションのインストール
WOW64のデバッグ

人気の記事をご紹介

カテゴリーで絞る

  • この記事を書いた人

山本

はじめまして。「山本まこと」と申します。 フリーランスでシステムエンジニアを現役でさせて頂いています。 業務内容はシステム設計、プログラム作成等何でさせて頂いています。 特にサーバ構築、業務端末(パソコン)の構築の仕事を多くさせて頂いています。 サーバ構築はOSが24時間止まらず高パフォーマンスで動作する用に設定したり セキュリティ対策(脆弱性)を実施することやデータベースの構築も実施します。 業務端末(パソコン)の構築は業務アプリケーションが快適に動作するようOSの設定を実施します。 パソコンは日進月歩で性能はどんどん向上しています。 またマイクロソフトのOSもWinows7からWindows10へ移行する段階を迎えています。 Windows10においては、使い勝手はとても良くなっていますが、自動化が進み、一度不調になってしまうと設定変更での修復するにはコツが必要です。 また、マシンスペックについてもある程度のものが要求されます。 このホームページでは、皆さんがパソコンを快適に使っていただけるようにお役に立てたらと思い、記事を書かせて頂いています。

-32bitソフトの64bit環境での動作
-, ,

© 2021 幸せになれるPCライフ