Windows10

32bitソフトの64bit環境での動作

64ビットWindowsでのリモートレジストリアクセス

レジストリリダイレクタは、RegConnectRegistry関数を介して64ビットWindows上のレジストリへのリモートアクセスを提供します。

クライアントが32ビットアプリケーションの場合、クライアントはサーバーのデフォルトの32ビットレジストリビューにアクセスします。クライアントが64ビットアプリケーションの場合、クライアントは64ビットレジストリビューにアクセスします。

Windows Server 2003:アプリケーションがKEY_WOW64_32KEYフラグを使用しない限り、すべてのクライアントが64ビットのレジストリビューにアクセスします。クライアントとサーバーの両方がこれらのバージョンのWindowsを実行している場合、この動作はWindows Server 2003 Service Pack 1(SP1)およびWindows XP Professional x64 Editionで変更されました。

関連トピック

レジストリリダイレクタ

レジストリリフレクション

 

おすすめサイトをご紹介

  • この記事を書いた人

山本

はじめまして。「山本まこと」と申します。フリーランスでシステムエンジニアを現役でさせて頂いています。業務内容はシステム設計、プログラム作成等何でさせて頂いています。 特にサーバ構築、業務端末(パソコン)の構築の仕事を多くさせて頂いています。サーバ構築はOSが24時間止まらず高パフォーマンスで動作する用に設定したり セキュリティ対策(脆弱性)を実施することやデータベースの構築も実施します。業務端末(パソコン)の構築は業務アプリケーションが快適に動作するようOSの設定を実施します。パソコンは日進月歩で性能はどんどん向上しています。 またマイクロソフトのOSもWinows7からWindows10へ移行する段階を迎えています。Windows10においては、使い勝手はとても良くなっていますが、自動化が進み、一度不調になってしまうと設定変更での修復するにはコツが必要です。 また、マシンスペックについてもある程度のものが要求されます。このホームページでは、皆さんがパソコンを快適に使っていただけるようにお役に立てたらと思い、記事を書かせて頂いています。

-32bitソフトの64bit環境での動作
-,

Copyright© 幸せになれるPCライフ , 2020 All Rights Reserved.