Windows10

32bitソフトの64bit環境での動作

WOW64のデバッグ

WOW64で実行されているアプリケーションは、次の2つの方法でデバッグできます。

  • NTSD、WinDbg、Visual Studioなどのx86ホストデバッガーを使用します。 32ビットNTSDは、リテールインストールでは%systemroot%\ syswow64にインストールされます。 x86デバッガーはx86コードのデバッグに使用できますが、64ビットのネイティブコードであるため、WOW64サンクレイヤー内のブレークポイントの逆アセンブルまたは設定には使用できません。
  • CDB、NTSD、WinDbgなどのネイティブデバッガーとWOW64デバッガー拡張機能、Wow64exts.dllを使用します。プロセッサがx86モードのときにネイティブデバッガーが中断すると、デバッガーはプロセスをx86プロセスとして表示します。プロセッサがネイティブモードの場合、デバッガはプロセスをネイティブとして表示します。

CDB、NTSD、WinDbgは、Debugging Tools for Windowsに含まれています。詳細については、Windows用デバッグツールのドキュメントを参照してください。

Wow64extsデバッガー拡張機能は、WinDbgと共にインストールされます。 !load wow64extsコマンドを使用して、デバッガー拡張機能をロードします。次の表は、!wow64extsデバッガー拡張コマンドの一覧です。

コマンド説明
!wow64exts.swx86とネイティブモードを切り替えます。
!wow64exts.k count結合された32ビット/ 64ビットのスタックトレースをダンプします。 countが指定されている場合、コマンドは各スタックトレースの最初のcountアドレスをダンプします。
!wow64exts.infoプロセスのPEB、現在のスレッドのTEB、およびWOW64によって使用されるスレッドローカルストレージ(TLS)スロットに関する基本情報をダンプします。
!wow64exts.r address指定されたアドレスのコンテキストをダンプします。アドレスが指定されていない場合、コマンドはプロセッサのコンテキストをダンプします。

 

参考記事:Debugging WOW64

 

より快適な環境へ

マンションや賃貸住宅などの事情で光回線が引けない方に朗報です。

ポイント

  • 全ての端末代金0円!
  • 業界最安級でインターネット使い放題
    ※月額:3,250円
  • どれだけ使っても、速度低下無し
  • データ量も速さもダントツです!
  • 最短即日発送!

【ギガWi-Fi】

ギガWi-Fi
【ギガWi-Fi】

ギガWi-Fi
【ギガWi-Fi】

ギガWi-Fi
【ギガWi-Fi】

公式サイトで詳細を見る

  • この記事を書いた人

山本

はじめまして。「山本まこと」と申します。フリーランスでシステムエンジニアを現役でさせて頂いています。業務内容はシステム設計、プログラム作成等何でさせて頂いています。 特にサーバ構築、業務端末(パソコン)の構築の仕事を多くさせて頂いています。サーバ構築はOSが24時間止まらず高パフォーマンスで動作する用に設定したり セキュリティ対策(脆弱性)を実施することやデータベースの構築も実施します。業務端末(パソコン)の構築は業務アプリケーションが快適に動作するようOSの設定を実施します。パソコンは日進月歩で性能はどんどん向上しています。 またマイクロソフトのOSもWinows7からWindows10へ移行する段階を迎えています。Windows10においては、使い勝手はとても良くなっていますが、自動化が進み、一度不調になってしまうと設定変更での修復するにはコツが必要です。 また、マシンスペックについてもある程度のものが要求されます。このホームページでは、皆さんがパソコンを快適に使っていただけるようにお役に立てたらと思い、記事を書かせて頂いています。

-32bitソフトの64bit環境での動作
-, ,

© 2020 幸せになれるPCライフ